top of page

金属パッチテスト

金属が皮膚に接触することで起こるアレルギー性のかぶれの原因を調べる検査。

鳥居製薬の金属パッチテスト試薬を使います。

この検査は保険診療で、費用は約1000円(3割)となります。

注意点

・検査および判定で1週間に渡り合計4回の通院が必要で、スケジュールの調整が必要

当院での実施例:

①月、水、金、月

②水、金、土、水

​③土、月、火、土(初日について、土曜日はもみ合っており、11時半での受診をお願いしています)

 

・背中に試薬のシールを貼り、2日間保つ必要があり、同部位をシャワーや汗で濡らすことはできません。

→夏では難しく、それ以外の時期での検査を薦めています。

​金属パッチテストの流れ

PT.png


検査項目:
①塩化
アルミニウム
②塩化コバルト
③塩化第二スズ
④塩化第二
⑤塩化白金
⑥塩化
パラジウム
⑦塩化マンガン
⑧三塩化インジウム
⑨四塩化イリジウム
⑩臭化
⑪重クロム酸カリウム
⑫硫酸
ニッケル
⑬塩化亜鉛
⑭塩化
⑮硫酸

​合計15項目
 

bottom of page