脂漏性皮膚炎

頭皮、顔(鼻、額、生え際)、胸、脇などの皮脂が出やすい部位に生じる皮膚炎です。皮膚は赤くなったり、表面に皮膚のフケ(落屑)を伴ったりします。フケ(落屑)に皮脂が混ざると、黄色に見えることもあります。

原因として、皮脂の分泌量、皮脂の成分の異常、皮脂の分解物による刺激性、マラセチア感染(カビの一種)などが言われています。

脂漏性皮膚炎の治療法

①ステロイド外用

部位、症状に応じたステロイド薬を選択します。

②抗真菌薬外用(カビ止めの塗り薬)

マラセチアの繁殖を抑えます。

③ビタミンB2、B6の内服

​皮膚、粘膜の再生を助けます。