お知らせ

​院長あいさつ

2022年4月よりこの牛久の地に開院させていただく院長の齊藤明允と申します。

今回、開院できたことは嬉しく思うと同時に、皆様のご期待に応えられるよう責任も感じております。

今後、地域の患者様に信頼していただけるようなクリニック作りを続けていきたいと思います。

自身は2011年に筑波大学皮膚科教室の門をたたきました。延べ9年間を筑波大学附属病院、

1年間を埼玉県立がんセンターで常勤として勤務しました。

その前半は主に皮膚科全般および皮膚外科、後半は皮膚免疫、アレルギーについて研鑽を積みました。

特に大学院で皮膚免疫について学べたことは、その後、疾患の治療に対する考え方を

大きく変えてくれました。これまでの経験を生かした診療ができればと思います。

お知らせ

​院長経歴

2009年 筑波大学医学専門学群医学類卒業

2009年 筑波大学附属病院 初期研修

2011年 筑波大学附属病院皮膚科 後期研修

2013年 埼玉県立がんセンター皮膚科 医員

2014年 筑波大学附属病院皮膚科 アカデミックレジデント

      筑波大学人間総合科学疾患制御医学 大学院

2018年 筑波大学附属病院皮膚科 病院講師(免疫・アレルギー専門外来を担当)

2021年 豊後荘病院 医員

      いけがみ皮膚科クリニック 非常勤医師

資格:日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

   難病指定医

  

所属学会:日本皮膚科学会

     日本アレルギー学会

     日本乾癬学会

     日本小児皮膚科学会

     日本皮膚悪性腫瘍学会

      

​論文・著書:

 

​英語論文

Tanaka R, Ichimura Y, Kubota N, Saito A, Nakamura Y, Ishitsuka Y, Watanabe R, Fujisawa Y, Mizuno S, Takahashi S, Fujimoto M, Okiyama N. Differential Involvement of Programmed Cell Death Ligands in Skin Immune Responses. J Invest Dermatol. 2021; Online ahead of print

Okiyama N, Ichimura Y, Shobo M, Tanaka R, Kubota N, Saito A, Ishitsuka Y, Watanabe R, Fujisawa Y, Nakamura Y, Murakami A, Kayama H, Takeda K, Fujimoto M. Immune response to dermatomyositis-specific autoantigen, transcriptional intermediary factor 1γ can result in experimental myositis. Ann Rheum Dis. 2021; 80: 1201-1208

Saito A, Ichimura Y, Kubota N, Tanaka R, Nakamura Y, Fujisawa Y, Watanabe R, Ishitsuka Y, Fujimoto M, Okiyama N. Interferon-γ-stimulated apoptotic keratinocytes promote sclerodermatous changes in chronic graft-versus-host disease. J Invest Dermatol. 2021;141:1473-1481

https://www.m3.com/clinical/news/849670

Kubota N, Saito A, Tanaka R, Nakamura Y, Watanabe R, Fujisawa Y, Ishitsuka Y, Clausen BE, Fujimoto M, Okiyama N. Langerhans Cells Suppress CD8 + T Cells In Situ during Mucocutaneous Acute Graft-Versus-Host Disease. J Invest Dermatol. 2021; 141: 1177-1187

Tanaka R, Ichimura Y, Kubota N, Saito A, Nakamura Y, Ishitsuka Y, Watanabe R, Fujisawa Y, Kanzaki M, Mizuno S, Takahashi S, Fujimoto M, Okiyama N. Activation of CD8 T cells accelerates anti-PD-1 antibody-induced psoriasis-like dermatitis through IL-6. Commun Biol. 2020; 3: 571

Ogawa T, Ishitsuka Y, Nakamura Y, Kubota N, Saito A, Fujisawa Y, Watanabe R, Okiyama N, Suga Y, Roop DR, Fujimoto M. NRF2 Augments Epidermal Antioxidant Defenses and Promotes Atopy. J Immunol. 2020; 205: 907-914

Saito A, Okiyama N, Inoue S, Kubota N, Nakamura Y, Ishitsuka Y, Watanabe R, Nakano H, Fujisawa Y. Novel mutation of the ferrochelatase gene in a Japanese family with erythropoietic protoporphyria. J Dermatol. 2020; 47: e114-e116

 

Ogawa T, Ishitsuka Y, Inoue S, Nakamura Y, Saito A, Okiyama N, Fujisawa Y, Furuta J, Watanabe R, Fujimoto M. Nuclear Factor Erythroid 2-Related Factor 2 (Nrf2) Regulates Epidermal Keratinization under Psoriatic Skin Inflammation. Am J Pathol. 2020; 190: 577-585

Oya K, Inoue S, Saito A, Nakamura Y, Ishitsuka Y, Fujisawa Y, Watanabe R, Taguchi S, Fujimoto M, Okiyama N. Pregnancy triggers the onset of anti-transcriptional intermediary factor 1γ antibody-positive dermatomyositis: a case series. Rheumatology (Oxford). 2020; 59:1450-1451

Saito A, Nakamura Y, Tanaka R, Inoue S, Okiyama N, Ishitsuka Y, Maruyama H, Watanabe R, Yoshida K, Ishiko A, Fujimoto M, Shinkuma S, Fujisawa Y. Unusual Bone Lesions with Osteonecrosis Mimicking Bone Metastasis of Squamous Cell Carcinoma in Recessive Dystrophic Epidermolysis Bullosa. Acta Derm Venereol​. 2019; 99: 1166-1169

Ogawa T, Ishitsuka Y, Saito A, Nakamura Y, Watanabe R, Okiyama N, Fujisawa Y, Fujimoto M. Immune microenvironment controls the outcome of PD-1 blockade in cutaneous immune response. Allergy. 2019; 74: 2257-2261

Saito A, Fujisawa Y, Maruyama H, Nakamura Y, Ishitsuka Y, Watanabe R, Okiyama N, Fujimoto M. Subungual melanoma complicated by hydroxyurea-induced melanonychia with non-melanoma Hutchinson's sign. Eur J Dermatol. 2018; 28: 559-561

 

Saito A, Okiyama N, Tanaka R, Maruyama H, Fujimoto M. A Case of Refractory Subcutaneous Panniculitis-like T-cell Lymphoma with Bone Marrow and Lung Involvement Treated Successfully with Oral Etoposide. Acta Derm Venereol. 2018; 98: 610-611

 

Saito A, Okiyama N, Kubota N, Nakamura Y, Fujisawa Y, Watanabe R, Ishitsuka Y, Bleackley RC, Fujimoto M. Blockade of Granzyme B Remarkably Improves Mucocutaneous Diseases with Keratinocyte Death in Interface Dermatitis. J Invest Dermatol. 2018; 138: 2079-2083

 

Saito A, Okiyama N, Saito K, Tanaka R, Maruyama H, Fujimoto M. Case of facial lupus erythematosus profundus with intractable ulceration successfully treated with dapsone. J Dermatol. 2017; 44: e89-e90

 

Saito A, Nakamura Y, Fujisawa Y, Kawachi Y. Cutaneous infection due to Mycobacterium szulgai in a patient with myelodysplastic syndrome. J Dermatol. 2017; 44: 471-472

 

Saito A, Okiyama N, Maruyama H, Fujimoto M. Immunoglobulin A vasculitis associated with HIV infection. J Dermatol. 2016; 43: 444-5

日本語論文

石月 翔一郎, 沖山 奈緒子, 結束 怜子, 齊藤 明允, 藤本 学.皮膚白血球破砕性血管炎を契機にSjoegren症候群と診断した1例.皮膚科の臨床.2017;59:477-481

 

石月 翔一郎, 沖山 奈緒子, 齊藤 明允, 藤本 学.間質性肺炎増悪が抗トポイソメラーゼI抗体陽転化に先行した抗セントロメア抗体陽性全身性強皮症の1例.皮膚科の臨床.2017;59:149-152

 

齊藤 明允, 古田 淳一, 中村 貴之, 沖山 奈緒子, 川内 康弘, 大塚 藤男, 藤本 学.セフジトレンピボキシルで感作されたと考えられ、セフトリアキソンナトリウムでアナフィラキシーを生じた1例.Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology.2015;9: 243-249

 

齊藤 明允, 古田 淳一, 中村 貴之, 石井 良征, 川内 康弘, 大塚 藤男.レボフロキサシンが有効であった皮膚Mycobacterium marinum感染症の1例.皮膚科の臨床.2014;56:1982-1985

 

齊藤 明允, 藤澤 康弘, 中村 貴之, 古田 淳一, 川内 康弘, 大塚 藤男.当科で経験した悪性腫瘍を合併した成人アナフィラクトイド紫斑の6例と非合併例13例との比較.西日本皮膚科.2014;76:487-492

 

齊藤 明允, 石井 良征, 小金丸 博, 人見 重美, 中村 貴之, 古田 淳一, 川内 康弘, 大塚 藤男.神経梅毒を併発した悪性梅毒の1例.皮膚科の臨床.2013;55:1382-1385

 

齊藤 明允, 中村 貴之, 越田 隆介, 下條 信威, 中村 泰大, 藤澤 康弘, 古田 淳一, 川内 康弘, 大塚 藤男.高齢者に生じた灯油皮膚炎の1例.皮膚科の臨床.2013;55:619-622

 

齊藤 明允, 中村 泰大, 小原 佐恵子, 中村 貴之, 小林 桂子, 藤澤 康弘, 川内 康弘, 大塚 藤男.放射線療法が奏功したMerkel細胞癌の3例.Skin Cancer.2013;27:373-378

著書

齊藤 明允,藤澤康弘.分子標的薬による手足症候群とその治療.新しい薬疹(文光堂).2019:9-13

 

齊藤 明允.内科医のための皮膚疾患アトラス-日常診療における部位別皮疹の診かた.診断と治療(診断と治療社).2019;107sup:316-319

 

齊藤 明允, 藤本 学.TIF1と抗TIF1自己抗体.炎症と免疫(先端医学社).2018;27:78-81