top of page
検索
  • saitouhifu

乾癬市民公開講座のお知らせ

今年5月19日、10時から11時30分に乾癬市民公開講座が開催される予定です。

同講座は筑波大学附属病院 皮膚科病院教授の古田淳一先生と茨城県乾癬の会 会長の梅津努さんが毎年企画している、一般の方を対象に乾癬やその治療について理解を深める講座です。みなさんの疑問やお悩みについてお答えします。

今回もパネリストで参加させていただきます。


この会はブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社のご協力で開催されます。

同社はソーティクツというTYK2阻害薬(内服薬)を開発しました。当院では数名使用経験があり、中等症以上の乾癬に対して有効で、生物学的製剤とともに非常に有用な治療選択肢になっております。


ご興味がある方は気軽にご参加ください。






閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アトピー性皮膚炎 その4

前回のブログでアトピーの創薬の流れから目が離せないような話をさせていただきました。 その話をした途端、新薬の話がありました。 今年、5月にアトピー性皮膚炎に対する生物学的製剤4剤目が使用できるようになります。イーライリリー社のイブグリースという注射薬で、アドトラーザと同じIL−13因子を抑えるものですが、維持期に4週間ごとの投与が可能です。2週間ごとの注射が負担になる方にはいい選択肢になりそうです

Comentarios


bottom of page